アジア最大級ベストケンコーが選ばれるわけ

ベストケンコーは、アジアで最大級の品揃えで医薬品の個人輸入を代行している会社です。
どんな薬を取り扱っているかというと、いろいろなジャンルの新薬やジェネリック医薬品に対応しています。
新薬とジェネリック医薬品の違いは次のようになります。
ある医薬品が市場に出るには、開発や調査を経て承認されなければなりません。
新薬は先発ブランド医薬品とも呼ばれ、これに対して後発医薬品というのがいわゆるジェネリック医薬品です。
承認されて市場に出た新薬には特許の期間が定められるので、その特許が有効な間は同じ薬を他の製薬会社が製造することは認められていません。
この特許が切れると、他の製薬会社も同じ成分で同じ薬を製造することができます。
このようにして先発のブランド医薬品と同じ内容で作られる医薬品がジェネリック医薬品です。
最初に特許を取得した薬と同じ名前を使うことはできないのですが、開発や治験のコストがかからないので新薬と同じ薬を低コストで製造することができます。
新薬の開発には少なくても数十億単位のコストがかかりますが、ジェネリック市薬品ではすでに製薬の情報がありますからこのコストがカットできる仕組みです。
よってジェネリック医薬品はブランド医薬品に比べて薬価が安価という大きな特徴があります。
例えば男性型脱毛症や勃起不全などに悩む男性のために特効薬が開発されましたが、薬代だけでも非常に高価になってしまうため、治療が長期にわたるとなると断念せざるを得ないという方が大勢いらっしゃいます。
こんなケースでは、ジェネリック医薬品を使うことで経済的な負担はかなり抑えられるはずです。
ベストケンコーでは、ED治療薬のジェネリック医薬品なども幅広く取り扱っているのです。
バイアグラやプロスカー、ジスロマックといったブランドの薬にもジェネリック医薬品がちゃんとあります。
カマグラ、フィンカー、アジーなどがこれにあたり、ベストケンコーで便利に購入することができます。
日本ではジェネリック医薬品の普及率はまだまだ低いのですが、欧米の各国では全医薬品の60パーセント以上がジェネリックとも言われるほど浸透しています。
しかし、注意しておかなければならない点もあります。
それは、ジェネリック医薬品には正規品ではないものも存在するということです。
その点ベストケンコーの取り扱う医薬品はブランド医薬品・ジェネリックともに100パーセント正規品を保証していますから安心です。
正規品というのはアメリカのFDAなど世界各国の承認機関で安全性が承認されているもので、このメーカー純正品をシンガポールでライセンスを持つ薬剤師が厳重なチェックを重ねた上で購入者の元に配送しています。
安心・便利・買いやすい、がベストケンコーのモットーなのです。
また商品は全て国際通常書留の扱いで発送していて、局留の扱いが可能です。
留守がちな方はもちろん、商品の購入を家族などに知られたくないという場合でも安心です。
発送時は中身がわからないよう梱包には気配りがされていますが、自分で直接受け取りたいという場合は局留が安心です。