個人輸入代行のベストケンコー

現在では医学が進歩して、昔なら治らなかった病気にも効く薬がたくさん開発されています。
しかし海外で開発された薬には、日本で認可されていない薬もたくさんあるのです。
日本でまだ認可されていないからといって、怪しい薬という訳ではありません。
海外ではきちんと認可されており、メーカーの厳しい検査も受けている薬です。
日本では処方箋が必要な薬でも、海外ではドラッグストアやスーパーマーケットなどで簡単に買う事のできる薬もありますので、日本で買うよりも安く手に入れる事ができるのです。
試してみたいけれども、わざわざ海外まで出かけて手に入れるのは大変だし、お金もたくさんかかってしまうのが心配ですよね。
そんな時に便利なのが個人輸入代行サービスです。
外国とのやりとりでの言葉の問題や、支払いの不安などは、個人輸入代行を利用する事で解消する事が出来ます。
個人輸入とは、個人が自分で利用する目的のために、海外から直接欲しい物を購入する事を言い、個人輸入した商品を他人に販売したりする事はできません。
ビタミン剤なら4か月分まで、医薬品なら2か月分まで、処方箋が必要な医薬品は1か月分までなど、薬事法で決められています。
ベストケンコーは、分かりにくい輸入手続きや現地との連絡を代行してくれる会社なのです。
購入方法も簡単で、国内の通販ショップと同じような感覚で薬を買う事ができるのも魅力です。
さらに、医薬品を専門に扱っている会社なため、薬の種類も豊富に揃っています。
ベストケンコーでは、話題のジェネリック医薬品もたくさん取り扱っています。
ジェネリック医薬品とは、新しい薬の特許期間が切れた後で作られた薬の事です。
通常新薬の開発には莫大なコストがかかっていますので、どうしても薬の値段は高くなりがちです。
ジェネリック医薬品は元々の薬と同じ名前を使う事はできませんが、特許の切れた新薬と同じ成分で作られています。
同じ効き目の薬なら、少しでも安い方が助かりますよね。
製造コストが抑えられるため、ジェネリック医薬品はその分安く購入する事ができるのです。
例えばEDの治療薬などは比較的最近開発された薬なので日本にはジェネリック薬は存在しませんが、海外ではすでにジェネリック薬が販売されています。
日本よりも安い値段で手に入れる事ができるのでおすすめです。
また、ベストケンコーでは100%の配送保証が付いているので、お金を払ったのに商品が届かないなどの心配がなく、安心です。
中身を知られたくない場合も商品名を記載せずに送ってもらえますので、大丈夫です。
海外から個人輸入で医薬品を購入する場合、購入後の服用についてはすべて自己責任になります。
きちんと決められた決まりを守って服用する事が大切です。
病院で処方された薬を服用中の方などは、薬の副作用などもありますので、医師に相談してみてから服用する事をおすすめします。
薬は正しい方法で使えば素晴らしい効果を発揮しますが、使い方を間違うと逆に体に毒になってしまいます。
決まりを守って正しく使い、健康な体を手に入れましょう。